mon, may 26, 2014

日曜日の午後、日が傾いてすこし涼しくなったので、空堀まで自転車に乗ってでかけた。チョコ買ったりイマイちゃんの店寄ったり、松屋町のアンティークのおもちゃ屋のぞいたりして、帰りに阿波座のおくまんでめし喰った。おくまんはずいぶん前に土佐堀3丁目の店に行ったときは、なんかちょっとイマイチかなと思ってそのあと敬遠してたんだが、阿波座の店はよかった。まあ味も安さもかわらないはずなんだが、こういうことはときどきある。空堀あたりまで走るのはちょうどいい距離で、中央大通は歩道の道幅も広く、自転車走行帯もあって走りやすい。ただ船場センタービルのあるところは普通の歩道になる。ふと見ると船場センタービルが外壁を改修していた。新しい外壁を上から貼りつけたらしい。なんかぺらぺらでよくない。サインのタイプフェイスもよくない。号館を表す数字がなぜが斜体なんだが、あれはなぜなんだろうか。特に親しみがあったほどでもないにせよ、見慣れた茶色のモザイクタイルをなぜ活かさなかったのだろうか。