未分類」カテゴリーアーカイブ

sun, jul 20, 2014

ことしの夏は暑いんだろうか。クルマのエアコンが壊れていて、まあ高速に乗らなかったら大したことないと思ってたんだが、現場までの1時間、蒸し暑い車内はさすがにきつい。なんかボーとしてしまうのだ。信号で止まるたびに水飲んだり汗ふいたり。このところ、でかけるときはいつも近所の自販機で熊野古道の水(50円)を買っている。でも50円の100回で5000円である。水筒に水詰めよ。ナルゲンの軽い水筒欲しいなあ。あと保冷カバーと。

thu, jul 10, 2014

暑い。湿度が高すぎて体重が重くなったようなような気がする。暑いと食欲が湧く。カレー喰いたい。うなぎ喰いたい。さすがに毎日うなぎは叶わないが、締めの飯はカレーが多い。シングルモルトのハイボールで。でももっと暑くなるとさすがにバテる。まだ暑さも序の口なんだろう。そういえば今年はまだプール仕事に行ってない。来週くらいからかな。

sun, jul 6, 2014

週末、炭火を熾した(ペリメータ焼き)。土曜日はスーパーで買ってきた出来合いのやきとり。日曜日はパンとオイルサーディン。去年の消し炭はうまくすぐに火がついたのだが、そのあとの炭が爆ぜまくり。パンパンと大きな音はでるわ破片は方々に飛ぶわで冷や汗がでた。爆跳と呼ぶのだそうだ。保存状態がわるく湿気を含んでいるのが原因だとか。もったいないけど去年の備長炭は捨てることにした。今年はスノーピークのちっちゃいダッチ買おかなあ。

wed, jul 1, 2014

日曜日、梅田でちょっと時間をつぶすことになって、大阪駅の時空の広場にいってみた。そこは広い場所という意味ではたしかに広場だが、ひとが快適にすごせる場所ではなかった。自由に腰掛けられるところもないし、囲まれたカフェみたいなとこもレジの列がぜんぜん進まないし、ビール飲んでてもぜんぜん心地よくないのでさっさとでていった。こんな場所は広場とはいわない。まあ、使う方のマナー、公共意識みたいなもんが原因なんだろうけど、提供する側が先に一歩進まないとよくなりませんよ。そのあと鶴橋からタクシーに乗って、ひさしぶりに創華飯店でめしを喰った。なにもかも旨かったあ。紹興酒も旨かった。それから木村さんとこにお邪魔してもう一杯。よく飲んだ。

mon, may 26, 2014

日曜日の午後、日が傾いてすこし涼しくなったので、空堀まで自転車に乗ってでかけた。チョコ買ったりイマイちゃんの店寄ったり、松屋町のアンティークのおもちゃ屋のぞいたりして、帰りに阿波座のおくまんでめし喰った。おくまんはずいぶん前に土佐堀3丁目の店に行ったときは、なんかちょっとイマイチかなと思ってそのあと敬遠してたんだが、阿波座の店はよかった。まあ味も安さもかわらないはずなんだが、こういうことはときどきある。空堀あたりまで走るのはちょうどいい距離で、中央大通は歩道の道幅も広く、自転車走行帯もあって走りやすい。ただ船場センタービルのあるところは普通の歩道になる。ふと見ると船場センタービルが外壁を改修していた。新しい外壁を上から貼りつけたらしい。なんかぺらぺらでよくない。サインのタイプフェイスもよくない。号館を表す数字がなぜが斜体なんだが、あれはなぜなんだろうか。特に親しみがあったほどでもないにせよ、見慣れた茶色のモザイクタイルをなぜ活かさなかったのだろうか。

thu, may 1, 2014

知らぬ間にもう五月であった。四月は何をしていたのだろうか。30日はちゃーぼーの月命日だったが花を買えなかった。買いに行かないといけない。やっと家人の自転車がきた。新色のフレームだったのでずっと待っていたのだ。自転車2台あると一緒にでかける範囲が広がる。クルマがあるから距離的に広がるというのではなくて、場所数的に広がるというか。まあどうでもよい。とにかく行けるところが多くなる。たとえば国立国際美術館なんかはいままで歩いて行ってたけど、自転車があるとちょうどよい。グルスキーに間に合ってよかった。チケットは買ってあるのだ。

mon, apr 15, 2014

週末「それでも夜は明ける」を観てきた。コンビニでビール買い込んで入るつもり(だって劇場の隣にファミマがあるのだ)が開始時間ギリギリになってしまい、しかたなく劇場の売店でビールとフライドポテトを買った。どういう足し算をしたらそうなるのか、900円。でも椅子のカップホルダーにはめるキャンチレバーのトレイはなかなかよくできていた。映画の方はといえば、初っ端からヘビーな内容でそのせいか、近所から大きな鼾が聞こえてきた。隣のひとが注意していったんはやんだが、そのあとはすーすーと安らかな寝息に変わっていた。観終わったあとジュンク堂にいって仕事のネタ本を漁るつもりだったが、そんな気は失せてしまい、服とか眼鏡とか見て歩き、腹が減ったので串カツを喰い始めた頃には気分は戻っていた。だれかが邦題は「それでも夜は明けない」が正しい、と言っていたが、そのとおりだ。

tue, apr 8, 2014

自転車日和である。このところたてつづけに、コンビニの店長とか阪急オアシスの警備のおっちゃんから、太っいですねえ、と言われたり、郵便局でたところで通りがかりにひとにあからさまな二度見されたりして、まじで恥ずかしい。しかもその驚きのあとには、そこまで太くなくてもええやろこの町中で、という真っ当な第二印象が表情に表れているのだ。どもっともではあるが、しかし、不要なものにこそ、なにかがあるのだ。なにかの正体はわからないが。

thu, apr 3, 2014

四月に入ってちょっとだけ落ち着いている。昼飯を喰いに木津市場の大和に行ってきた。行列少なめ、ラッキー。カレーうどんか天丼かそれとも肉巻定食か、と並びながら一応メニューに目をやると、カレー丼があるではないか。新メニューできたのか。家人とふたりなので、カレー丼と天丼をたのんだ。席に着いてすぐに運ばれてきたカレー丼はやはり大皿。新鮮なネギがたっぷりのっている。言うまでもないが言っておこう。あほほど旨い。しかしなあ、いつもながら量が多いのだ。小うどんという名の普通サイズのうどんはなしにできることがわかったので、こんどからは必ずそうしよう。うどんも旨いのだが、一緒に来られてこの量では無理。食べ終わったあと、家人が残した天丼のごはんを、これは残すわけにはいかず、なかば強引にかきこんだ。カレー丼のあとの天丼のたまごと出汁がからんだごはん、なんてマイルドな、しかし辛い・・。申し訳ないとは思ったが小うどんは半分残しました。すんません。

fri, mar 28, 2014

消費税があがるのでそれまでにいろいろと買い物を、と一瞬は色めくのだが、だいたい定価のないものの値段はふつうは下がっていくもので、逆にいまは需要が多くさがってないことを思うと、4月以降でええわ、ってことになる。ただ別の事情のものもあって、実はもう一台家人の自転車も買うことになっていてフレームの入荷待ちなんだが、これは先に支払うことにした。天気もいいし、休憩がてら自転車に乗って自転車屋まで行ってきた。さすがは自転車屋、暖かくなってくるとふつうのひとよりも調子があがるんだろうか、店主は上機嫌であった。たぶん代金を先払いしたからだとは思うが。